急性期医療

- Acute care -

急性期医療とは

- About -

地域の中核を担う病院として
急性期医療にも積極的に取り組んでおります。

急性期医療とは、病気の発症から回復期や亜急性期まで移行するまでの期間における医療を指します。
急性期医療は「病気の進行を止める」「病気の回復が見込める目処をつける」までの間提供する医療であり、その期間において患者は生命の危機と隣り合わせということも珍しくはありません。
そのような状況において患者の健康状態を良好にし、急性期の状態から回復期へ向かわせるべく、これからも高度な医療を提供していきたいと考えております。
また、救急車の出動台数は年々増加傾向にあり、そのような社会背景における救急医療機関としての役割を担うべく、救急医療の向上およびその提供に努めております。

池上総合病院では、「安全で最善の医療を提供し、地域住民の方々に信頼される病院をめざします」を基本理念に地域中核医療機関として地域を面で支える医療を提供します。

当院は、一般急性期医療はもちろんサブアキュート、ポストアキュートとしての地域包括病棟や長期療養を必要とされる方への機能を持った病院となっています。特に急性期医療においては救急車の応需や手術患者さまの受け入れ、東京都のCCUネットワークへの加入といった積極的な展開をしています。また、東京都より災害拠点病院の指定も受けており、近隣の医療機関と連携しながら災害時の負傷者の受け入れも行います。今後は予防医学の需要も高まることを見据え、健診センターの積極的活用もしていきます。

実施施設紹介

- Facilities -

以下の施設で実施しております。詳細は各病院・クリニックへお問い合わせ下さい。
お申し込み予約につきましては、電話・FAX・Eメールでもお受けしています。お気軽にご連絡ください。

池上総合病院

総合病院

住所

146-8531
東京都大田区池上6-1-19
Google map

最寄駅

東急池上線「池上駅」より徒歩1分

診療

  • 透析医療
  • 人間ドック・健康診断
  • 急性期医療