良質な医療に向けて

- Quality Care -

松和会は最新で良質な医療を
目指しています

松和会では、予防(健診・人間ドック)と急性期医療ならびに介護に至るまでのサービスを総合的に提供しています。
皆様の健康維持と早期回復のお手伝いが私共の使命であり、ご要望やご希望に沿ったサービスと情報の提供が求められていると認識しております。
その為、各種部会活動や委員会・勉強会などを通して最新の情報収集と実践的な技術習得に努めています。
より安全で質の高いサービスを提供し続けることが、皆様の安心と信頼につながると考えています。

  • Point01

    最新の医療機器・
    透析機器の導入

    患者さんの治療に対する不安や負担を軽減すべく、最新の医療機器の導入を行っています。とくに、患者さんのケア(お世話や配慮、気配り)に多くの時間をとれるよう、最新の全自動透析監視装置や透析管理システムなどの導入を行っています。また、透析機器メーカーと全自動透析監視装置の共同開発を行い、製品化にも取り組んでいます。

  • Point02

    透析液安全管理の取り組み

    長期透析患者さんの生命予後を阻害する一因として、透析液汚染の関与があげられています。私たちは早くから水質管理委員会を設置し、松和会全体で水質清浄化の維持と管理に努めています。

  • Point03

    医療安全対策・災害対策への取り組み

    エビデンス(根拠)に基づいた診療と豊富な経験、最新の技術で安心・安全な医療を提供できるよう自己研鑽を行っています。学会参加・発表ならびに、各種部会での活動や定期的な研修を積極的に実施しています。各施設には事故防止委員会を設置し、医療ミスや医療事故の防止に努めています。また、災害にそなえた連絡網の整備や防災訓練、医療体制の強化、自家発電装置の整備などを行っています。